祭事

お知らせ

祭事案内「春の祖霊祭」

2019.02.12

日時 3月21日(春分の日)
    午前11時より神事執行
場所 大教殿【祭典・玉串拝礼・講話】
         (直会は神理会館)

 この日は、太陽が真東から出て真西に沈むとともに、
昼と夜の長さが同じという事で、非常に重要な節目です。
「日の願」という言葉が「日願」になりました。
「日(ひ)」は「霊(ひ)」、すなわち「神様・先祖」です。

 この日は、古来より「祖霊」へ感謝の心を捧げる日であり、
墓参りをする日でもあります。
御陰は、神様から祖先を通して私達にいただけます。
親・祖先を敬う心は神様に通じます。

御家族でお参り下さい。
特別厄災(やくさい)祈願のぼり

2019.02.11

千日祈願にかえて「のぼり」奉納の御案内

       初穂料 一万円

○特別厄除祈願は、大神様に殊更にお守りいただき、
 尊い御神護により一年を過ごさせていただく御神事です。

○その為に「厄除祈願のぼり」を作成し、境内に掲揚致します。
 「祈願のぼり」は古来より千日祈願に相当するものと伝えられております。

○お申し込みより、その年の12月31日までの期間掲揚致します。
御 教 祖 生 誕 祭

2019.02.10

2月16日(土)11時より祭典執行
於 教祖殿


教祖神は、天保5年(1834年)に、この徳力にお生まれになりました。
巫部家に代々伝わる神術・御神意を大成され、且つ全国を巡教されて
多くの人々を教化され、安心と幸わいを与えました。
全国にある神理教の隆盛の基は、教祖神の大きな御力のお陰であります。
御苦労を称え、そして又、益々の御力を頂くように、皆様と共に
教祖殿に参集し、お祝いのお祭りを致しましょう。
節分祭

2019.02.06

2月3日午後3時と午後7時に執行致しました。
節分豆を約2万2千袋用意しました。
正月(豚汁振る舞い)

2019.02.06

1月1日13時より行いました。
 
正月(境内の様子)

2019.02.06

正月(左義長神事)

2019.02.06

一般的に「どんど焼き」と知られており、注連縄等を焼き
清める神事です。
正月(新年・成人・寿祭)

2019.02.06

1月14日11時より神事を執行いたしました。
寿祭対象者の皆様が参集し、報恩感謝の念を捧げておりました。
正月(四方拝神事)

2019.02.06

この祭事は、皇室に倣った祭事です。
天皇陛下が元日の午前5時頃、御一人で祭事をご奉仕なさって
おられます。この一年の天下泰平そして「国民がやすらかなれ」と
お祈りされているのです。
本院では、天皇陛下のお祈りを引き継ぎ広める意もあって、
午前11時に四方拝神事を執行いたしております。
正月(ぜんざい千食振る舞い)

2019.02.06

毎年恒例「田川親和会」の皆様の奉仕より行われました。
長蛇の列が続き、約20分で完食となりました。